贈与税はどのくらいかかる

贈与税ってどんな税金       

親から子に、生前に財産を渡すと贈与税がかかります。生前にすべての財産を渡してしまえば、贈与税はかかりますが、相続税はかかりません。
つまり、財産を親から子に無償で移す場合に避けては通れないのが贈与税という税金です。
ただ、贈与税は一年間に110万円以下であれば、税金はかかりません。
一般的には、高率な贈与税を支払うぐらいなら、より低率な相続税を支払えばよいので、贈与する人は少ないでしょう。
しかし、それなりの財産をお持ちの方、又は生前子供たちに財産を分けておきたい特別な理由がある方は、一部の財産を生前に贈与しています。
また、贈与には一定の条件を満たせば相続時精算課税制度(2500万までは取りあえずは贈与税がかからない)や住宅資金の贈与(1000万までは贈与税がかからない)の特例があります。
個々の状況にあった節税をすることで、少しでも多くの財産を渡すことができますから、専門家と相談することが大切です。
















 相談は、「NPO法人Life あんしんねっト」へ
新住所:〒500-8821 岐阜市鷹見町27番地2
お問い合わせ・相談専用電話
 
あんしんダイヤル 058-337-0683
FAX番号     058-264-2404
 平日 午前9時00分~午後5時00分