事業はどのように承継しますか

事業承継とは     

■事業承継の問題
 
 事業承継は、早い段階から十分な準備を行っていくことが、事業承継を成功させるために、必要不可欠です。事業承継は、『100社あれば100通りの事業承継の形』が存在 します。 企業の根底に潜む様々な問題を抽出し、事業承継を成功に導くベストな経営承継のお手伝いします。

■事業承継の3つの方法

①親族への承継(当法人が一番問題視する承継の形です)

 よくある承継のパターンです。 しかし、なかなか親族への承継がうまくいかないのが現状です。継がせる側継ぐ側の意思疎通が大変重要となります。その意思疎通の潤滑油となるために、当法人は「ファミリー会議」を提案しています。そして双方に対して施策を打ち、融合させていくことで、事業承継を成功に導きます。


②社内幹部・従業員への承継
 親族以外への承継の代表的なものは、「従業員からの抜擢人事」と、「社外の有能な人物の招聘」の2つが挙げられます。問題は、そうした後継者選定の問題です。当法人では、承継候補者の事業承継への取り組み方、会社経営の考え方など、社長とともに向き合うことにより、 選定の基準を持っていただくことに力点をおきます。

③M&A
 M&A(エムアンドエー)とは"Mergers(合併)and Acquisitions(買収)"の頭文字をとったものです。昨今、事業承継の手段として年々増加しています。当法人のネットワークを使って、最適な情報を入手し、ビジネスマッチングの方法を利用して解決します。

事業承継の流れ 

①現経営者との打ち合わせ会議を重ねる ⇒ ②後継者とのブレーンストーミング(話し合い)を重ねる ⇒ ③「ファミリー会議」を重ねる ⇒④事業承継のためのタイムテーブル中期経営計画を策定(専門家等に委ねる) ⇒ ⑤社内の再組織化(同左)

 

後継者支援

※後継者への「根回し育成」
当法人では、「後継者側の立場」を慮ったスタンスでご相談に乗ります。事業承継が可能かどうかを現社長との間に入って、仲立ちする立場で、話しをすすめていきます。これを「根回し育成」と呼んでいます。これがスムースな事業承継として成功するカギだと考えています。
「後継者さえ居れば」「後継者にふさわしい能力があれば……」と事業を承継できず、悔やまれる経営者のみなさんをこれ以上増やさないために。
※ 後継者の「取り巻き」として
一人で事業承継はできないもの。「人間の問題を解決せずして事業承継は成功しない、そして企業は生き残れない」という信念の元に助言を行います。現経営者よりも、後継者の方のほうが、悩みは大きいものがあります。後継者の話をゆっくり聞き、彼・彼女の「取り巻き」として彼らをサポートしていきます。
※ 早めに後継者の資質を見極め、経営者として今からできる啓発を仕掛ける
事業承継に失敗して相続紛争が起こったり、業績が悪化するケースもあります。
事業承継とはいつかは必ず訪れる問題であり、それは決して遠い未来の話ではありません。 突然起こるかもしれない事態に備えて今から万全の準備をしておく必要があるのです。
       当法人のできること
後継者の方と「お話し会」を気楽なムードで実施します。後継者または後継者候補者の話をとことん聞いていきます。そしてサポートしていきます。
次に、ギクシャクしないアットフォームな「ファミリー会議」を実施します。
③そして、今度は、バトンを渡す側の現経営者に、失礼ながら、「諭す」スタンスで助言させていただきます。セカンドオピニオンを提供いたします。




 相談は、「NPO法人Life あんしんねっト」へ
新住所:〒500-8821 岐阜市鷹見町27番地2
お問い合わせ・相談専用電話
 
あんしんダイヤル 058-337-0683
FAX番号     058-264-2404
 平日 午前9時00分~午後5時00分